市内の青パトが集まりました! 年末年始特別警戒出発式 和歌山県

11.30

和歌山市内の本町公園で、平成23年11月30日に年末年始特別警戒出発式が行われ、和歌山市内で活動する青色回転灯付防犯パトロール車(通称「青パト」)が集まりました。
毎年、和歌山県警察は、年末・年始特別警戒(12月1日~1月10日)の出発式を行っていますが、今回のように市内で活動する青パトが集まっての出発式は初めての取組です。
市内各所では、日々、地域のボランティアの方々が地域の防犯活動に取り組まれ、中には青パトを活用して活動されている地区もあります。
今回は、その中から次の団体の皆さんが集まって、年末年始の特別警戒に向け出発しました。皆さんからホームページをご覧の人への”一言”をいただきましたので、写真とともにご紹介させていただきます。


名草地区地域安全推進員会の皆様です。地域の防犯及び児童の下校時に見守り巡回を実施されています。今回は、その中から4人の方が参加されました。
☆参加者からの一言☆
「名草地区の安全・安心をめざして頑張っております!」

宮北子ども見守り隊の皆様です。毎日、児童の下校時に合わせて、スピーカーで防犯を呼びかけながら巡回をされています。今回は、その中から3人の方が参加されました。
☆参加者からの一言☆
「皆さんも一緒に見守り活動をしませんか?けっこう楽しいですよ!」

木本地区子どもまもり隊の皆様です。木本地区自治会、地域安全推進員が主体となって大勢の人が活動されています。今回は、その中から4人の方が参加されました。
☆参加者からの一言☆
「パトロール隊は、皆がんばっています!」

宮前地区安全パトロール隊の皆様です。児童の下校時間に合わせて大勢の人が防犯を呼びかけながら巡回をされています。今回は、その中から4人の方が参加されました。
☆参加者からの一言☆
「町の子は皆我が子!」

和歌山市立少年センターから参加した青パトと、職員の皆さんです。

青パトを代表して、青パト”まもるくん”の乗務員が、出発の挨拶をさせてもらいました。

和歌山県警察からも、多数の警察官やパトカー、白バイが参加し、青パトとともに、年末年始の特別警戒へと出発しました。

中学生が小学校で防犯紙芝居!!

 青パト”まもるくん”は、平成23年11月24日に市立中之島小学校で実施された、防犯紙芝居に参加してきました。
この防犯紙芝居は、和歌山市立紀ノ川中学校生徒会の皆さんが、小学生が連れ去りなどの犯罪に巻き込まれないようにしてもらおうと取り組んでいるものです。今回は、中之島小学校の1年生51人が集まり、紙芝居を楽しみながら、防犯について学びました。
紙芝居では、途中で「こんな時は、どうしますか?」などと質問を投げかけ、小学生の皆さんは元気に手を挙げて「逃げる!!」などと答えていました。
また、紙芝居の後には、「イカのおすし一人前」を皆で確認しながら、「紙芝居のような怖い目にあわないように、”いかのおすし一人前”を守ってください!!」などと、呼びかけていました。

☆☆ 怖い目にあわないための”イカのおすし一人前”の約束 ☆☆
イカ・・・知らない人についていかない
の・・・・知らない人の車にらない
お・・・・連れて行かれそうになったらお声で叫ぶ
す・・・・連れて行かれそうになったらぐ逃げる
し・・・・どんな人が何をしたかをらせる
一人・・・一人では遊ばない
前・・・・出かけるには家の人の言う

「ハイ!ハイ!」と元気よく質問に答える中之島小学校1年生の皆さんです。

登場人物になりきって、紙芝居を熱演!紀ノ川中学校生徒会の皆さんです。

最後に、元気いっぱい”イカのおすし一人前!”の約束をしてくれました!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2014年10月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る